Dr. Koba 's climbing report & study

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節はずれの妖精

pixy.jpg
<ピクシー(二段)@奥芹>


山の中を流れる河沿いにあるこの課題はお世辞にもロケーションがよいとはいえない。日当たりは悪く、HOLDが乾いてることは珍しく、岩の端はコンクリートの壁で支えられている。それでもこの課題は、ルーフ内の立体的なMOVEに加え、僕が初めてさわった二段でもあるし、目の前で二段以上の完登を観たのもピクシーがはじめてだったことも加わって、長い間、憧れの課題であり続けて課題でした。


 はじめてこの岩にふれたのは去年の8月。7ヶ月の歳月が過ぎて、ようやく、登ることができました。完登のときは、日も出てきて、上のカチも見事に乾いてくれて最高のConditionの中、ルーフはほとんどAutoで抜け、最後のサイドの甘いカチも、なぜかとまってくれたという感じでした。


 完登後、くりかえし思い出される登っていたときの光景を思い出せるのがただただ嬉しくて、しばらく岩を眺めてました。




 

スポンサーサイト

奥芹も既に春・・・

 最近の滋賀県のクライミング界の最注目のTopicはLLTのテッペイRockやけど、Kobaは奥芹に、ピクシー(二段)をやりに出かけた。


 どルーフの憧れの二段。去年の夏、最後の1手までせまりながら、倒せず、こいつのピクシー(妖精)ばりの気まぐれさには何度ともなく泣かされてきた。今回も超快晴なのに濡れてる(TT)川の水がはねて濡れるんでしょうか・・・


 とりあえずルーフ乾かしながら、MOVEを再構築。MOVEを組み立てると、夏とはだいぶ違うMOVEになった。今思うと、去年の夏はたまたま色んな偶然で、最後の1手まで行っただけやった。でも、今回は下から上まで完全にMOVEができた。夏より成長してる自分にちょっと嬉しくなり、自信がつき・・・後はつなげるだけ!慎重にルーフを乾かして、TRY。ルーフを抜けれた。最後のカチとってサイドに寄せて!


 って思ったら、上のカチぬめりオチ・・・乾いてると思ってた上部も濡れてた(TT)。気温が上がると、染み出しがきつくなって、結局この日は登れず・・・二段の壁は厚い・・・


 hotmailの調子が悪いので写真は後日。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。